フリーダイヤル

イベントイベント買取カースケジュール

HOME > 未分類 > 同じお酒同じ磨きでも異なる味わい

17.05.29
同じお酒同じ磨きでも異なる味わい

こんにちは。心斎橋店の宮西です。

昨日定休日の日曜日、梅田で開催された日本酒イベントに参加と個人的に仲良くさせて頂いている蔵元さんのお手伝いをしてきました。

『四国×酒国ワンダーランド2017』行かれた方はいらっしゃいますでしょうか?毎年開催されている四国の蔵元が集まるイベントです。

IMG_7258[1]

是非機会があればこういうイベントも楽しいですよ!

そんなわけで今回は日本酒について少しだけ。当店でも人気が高い獺祭シリーズ、その中には磨きは同じでラベルも似てるけどちょっと違うものがあります。それが獺祭の遠心分離。例として二割三分で見比べてみましょう。

IMG_7256[1]

見た感じは似てますよね。でも価格と味わいは少し違います。遠心分離は通常のお酒のしぼりのように袋などを機械的に圧力をかけて絞ったものではなく、もろみからお酒を遠心力で分離したものです。バケツに水を入れてぐるぐる回しても水がこぼれないって遊びした事ないでしょうか?遠心分離はこれと同じ原理、容器に醪を入れて高速回転させることで、遠心力により重みのある粕が底や側面に張り付き、上澄みが取れます。圧力と違って酒への過度な負担が少なく雫酒のようなきれいなお酒になり、香り高いきれいなお酒になります。

.ただし1回に400リットルほどしか搾れないとのこと・・・その為お値段も通常より少しお高くはなっております。

 

 

お問い合わせ

LINE友だちに追加

yahooショッピング